谷村正一の経歴は?髪の病院のトリートメントの値段や店の場所も気になる!

スポンサーリンク

9/24に放送される「なかい君の学スイッチ」で

世界中のセレブから予約殺到!カット無しトリートメントのみ!
1回100万円の美容室

という内容で、

「髪の病院SANC」が紹介され、

その代表取締役の

谷村 正一(たにむら しょういち)さん

が出演されます。

黒髪ストレートの女性って、

男性にとっても女性にとっても

憧れますよね!

この「髪の病院」では、

どのような髪でも綺麗にする自信がある

というトリートメントの技術があるそうです。

そこで、今回は、谷村正一さんの経歴や、

髪の病院トリートメントの値段

お店の場所について調べてみました。

スポンサーリンク

目次

  1. 谷村正一さんの経歴は?
  2. 髪の病院のトリートメントの値段は?
  3. 髪の病院のお店の場所は?

1.谷村正一さんの経歴は?

2002年 SANC髪の病院 京都北山店 OPEN
2006年 SANCシャンプー 個人事業スタート
2007年 SANC髪の病院 神戸芦屋店 OPEN
2008年 SANCシャンプープレミアム 個人事業スタート
2010年 トリートメント&人材育成&マーケティングセミナーを全国にスタート
2011年 株式会社SANC 設立
2012年 髪の病院 株式会社 設立
2013年 髪の病院研究所 設立
2014年
株式会社Bellezza 設立
健康・美の化粧品販売:肌革命 Bellezzaシリーズスタート
坂本医学博士 髪の病院 顧問に就任
2015年2月
美健ガイド社より、産婦人科医 池川医学博士・小児科医 真弓医学博士 髪の監修の元、「髪の病院」漫画出版
2015年3月
グリーマ株式会社 設立
株式会社ユニマット 美容部門 k-two顧問
2015年8月
モンゴル国文化名誉大使 佐藤氏の依頼を受けモンゴル国にてセミナーを開催
2016年5月
フィリピンに 髪の病院 海外支援事務局設立
2016年11月
モンゴル国国立馬頭琴楽団&初代大統領 オチルバト大統領夫妻を京都に招き、チャリティーコンサート開催
2017年12
株式会社W&B 取締役に就任
2018年1月
一般社団法人トリートメント協会設立
2018年2月
フィリピン オカダマニラカジノリゾートホテルに髪の病院出店

引用:http://kami-byoin.com

谷村正一さんは、2002年に

「髪の病院SANC」を設立されています。

当時は、「ヘアスタイルを創ること」

に重点がおかれていましたが、

この美容理論に疑問をもち、

本質的な髪の健康美を追求するために

研究を始めたそうです。

それから、「安心・安全・健康」をコンセプトに

新しいヘアケアのブランドを構築しました。

また、積極的にセミナーを開催し、

自社のコンセプトに叶ったスペシャリストを育成し、

髪の病院グループとして、

全国各地で新しいサービスを提供しています。

スポンサーリンク

2.髪の病院のトリートメントの値段は?

「髪の病院」では、

どのような髪でも綺麗にする自信がある

というトリートメントの技術があるそうで、

京都北山店にて、1日5名の限定、

完全予約制で受け付けているそうです。

宝石髪へと導くトリートメントコースとして、

下記のコースが用意されています。

1. コース髪質やダメージに合せた基本コースが3種類(30,000〜70,000円)
2. コースお客様からのご要望で完成した5種類(70,000〜250,000円))

引用:http://kami-byoin.com

お店に行くのはハードルが高いという人には、

谷村正一さんがプロデュースしたシャンプーが

公式サイトで販売されています。

https://shoichi-tanimura.com/shampoo/

こちらで紹介されていますので、

気になる方は是非チェックしてみてください。

3.髪の病院のお店の場所は?

髪の病院の本店はこちらにあります。


また、系列のお店として、

大阪(本町店)、兵庫(神戸芦屋店)、

名古屋(栄店)、東京(青山店)

にも店舗があるそうです。

お近くのお店を探してみては

いかがでしょうか?

スポンサーリンク

さいごに

今回は、髪の病院と

その代表取締役の谷村正一さん

について調べてみました。

冒頭でも紹介しましたが、

9/24に放送される「なかい君の学スイッチ」に

谷村正一さんが出演されます。

どんな話を聞くことができるか楽しみですね!

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。m(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク