鈴木徳昭のwiki経歴や家族(妻・子供)は?現在の仕事(日本サッカー協会)も気になる!【あいつ今何してる】

スポンサーリンク

10/10の「あいつ今何してる?」に

石原良純さんの中学の同級生である

鈴木徳昭さんが出演されます。

鈴木徳昭さんは、あの「ドーハの悲劇」時代の

サッカー日本代表、オフト監督の通訳として

働いていた経歴があり、

直近では、東京2020オリンピック・パラリンピック

招致委員会の戦略広報部長を務めた、

招致成功の立役者のひとりなんだそうです!

そこで今回は、鈴木徳昭さんについて

いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

鈴木徳昭さんの気になる3つの事

  1. 鈴木徳昭さんのwiki経歴は?
  2. 鈴木徳昭さんの家族(妻・子供)は?
  3. 鈴木徳昭さんの現在の仕事は?

1.鈴木徳昭さんのwiki経歴は?

出典:http://www.ymfs.jp

名前 鈴木 徳昭(すずき とくあき)
生年月日 1961年12月3日
年齢 56歳(記事執筆時)
出身 東京都

鈴木徳昭さんは、1961年に東京で生まれます。

お父さんは、元サッカー日本代表の鈴木徳衛さんで、

現役引退後は日立や慶應大の監督を務めた名選手!

お兄さんは、元サッカー選手の鈴木徳彦さん!

ということで、まさにサッカー一家の中で

育ったようです。

中学は石原良純さんと同じ慶應義塾普通部に通い、

サッカー部に所属されていましたが、

同級生の中ではとびぬけた実力を持ち、

周りを引っ張っていたそうです。

鈴木徳昭さんは、高校時代は

国体選抜にも選出されるほどの実力でしたが、

大学時代に8度も手術するほどケガが相次ぎ、

選手としての道は途絶えてしまいます。

慶應大学卒業後は、日産自動車に入社しますが、

独学で学んだ語学力が日本サッカー協会の目に留まり、

日本代表のオフト監督の通訳に起用されることになります。

そして、迎えた1993年のW杯アジア地区最終予選の最終戦。

後半ロスタイムに失点してしまい、土壇場でW杯初出場を逃してしまう、

いわゆる「ドーハの悲劇」を目の前でみることになります。

しかし、ここで鈴木徳昭さんは、サッカーの強い他の国々は、

こんな経験を何度もしているのだと気付き、

もっと世界のサッカー界を知ろうと考えます。

そして、日産自動車を退社し、

世界のサッカーのノウハウを学ぶために

欧米の協会を渡り歩いたあと、

その豊富な知識や人脈を買われて、

2002年の日韓W杯の招致に携わります。

さらに、このときの招致の経験をかわれて、

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会に

国際戦略・広報担当として招かれることになります。

その後、招致委員会のメンバーは、不眠不休で働いて、

世界に対して丁寧にPRを続けていくのですが、

その苦労のかいもあって、ついに2013年9月7日、

2020年東京での五輪開催が決定します!

2020年に東京でオリンピックをみることができるのも、

鈴木徳昭さんたちの努力のたまものなのですね!

スポンサーリンク

2.鈴木徳昭さんの家族(妻・子供)は?

鈴木徳昭さんの家族は、経歴でも紹介していますが、

お父さんは元サッカー日本代表の鈴木徳衛さん

お兄さんは元サッカー選手の鈴木徳彦さんです。

まさに、「日本サッカー界をけん引してきた一家」

と言えますね。

また、鈴木徳昭さんの妻や子供に

ついても調べてみましたが、、、、

こちらについては、

情報は見つかりませんでした。

何か情報が入り次第、追記いたしますね。

3.鈴木徳昭さんの現在の仕事は?

東京2020オリンピック・パラリンピックの招致委員会は、

そのミッションが終わった2013年9月に解散しており、

鈴木徳昭さんは、現在日本サッカー協会に戻っています。

日本サッカー協会の主な仕事は、

日本サッカーの更なる発展と強化ですから、

鈴木徳昭さんはいま、大好きなサッカー日本代表が、

2020年のオリンピックで大活躍することを願って、

ご自身の仕事に取り組まれているのではないでしょうか?

サッカー日本代表の今後の活躍が待ち遠しいですね!

スポンサーリンク

さいごに

今回は、東京2020オリンピック・パラリンピック

招致委員会で戦略広報部長を務めた鈴木徳昭さん

について調べてみました。

冒頭でも紹介しましたが、

10/10の「あいつ今何してる?」に

鈴木徳昭さんが出演されます。

石原良純さんの中学の同級生ということで、

2人がどんなやりとりをされるか

非常に楽しみですね!

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。m(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク