西武 最短優勝はいつ?MVPは誰?【2019年パリーグ】【毎日更新】

スポンサーリンク

2019/09/24 更新済です。

マジック2で迎えた24日。

西武の試合中に

先にソフトバンクが楽天に敗れてM1。

そして、西武がロッテに勝ち、

西武の2連覇が決まりました!!

選手、ファンの皆様

おめでとうございます!!

以下、優勝までの軌跡を

ご覧ください。

いよいよ終盤を迎えた

2019年のパリーグペナントレース!

ソフトバンクが長い間

首位を走り続けてきましたが、

9/11に西武が首位にたち、

逆転優勝そして2連覇が見えてきました。

今回は、西武ライオンズの

最短優勝はいつなのか?

MVPは誰になるか?

を特集していきます。

優勝まで毎日更新していきます

昨年のマジック点灯から

10年ぶりの優勝までの軌跡はこちら

スポンサーリンク

西武ライオンズの最短優勝はいつ?(2019年パリーグ)

9/24に西武ライオンズの

優勝が決まりました!

<9/12からの軌跡をお楽しみください>

9/12(木)vs ソフトバンク

ライバルのソフトバンクとの
最終試合に2-3で敗れ、
ソフトバンクのマジック11点灯
点灯しました。。。

9/13(金)vs ロッテ

試合のない首位のソフトバンクに
追随する西武ライオンズ
6-1でロッテに勝利!

ソフトバンクのマジックは変わらず11
ゲーム差はなくなりました!

9/14(土)vs ロッテ

9回表に増田が2点差を追いつかれるものの
10回裏にメヒアの2塁打で
サヨナラ勝ちで2連勝!

ただ、ソフトバンクも負けず
ソフトバンクのマジック9
(ゲーム差はゼロ)

9/15(日)vs ロッテ

2-4で負けていた8回裏に逆転し、
9回表に同点に追いつかれたものの
11回裏に相手失策でサヨナラ勝ちで3連勝!

ゲーム差なしの首位ソフトバンクが
敗れたため、西武ライオンズ
マジック9が点灯しました!

9/16(月)vs ロッテ

ロッテに敗れはしましたが、
ソフトバンクも敗れたため、
ひとつへって、
マジック8になりました。

9/18(水)vs オリックス

神様、仏様、ニール様が自身10連勝!
ソフトバンクも敗れたため、
マジックはふたつへって、
マジック6になりました。

9/19(木)vs 日ハム

十亀が好投で5勝目!
ソフトバンクは勝ちましたが、
マジックは順調に1つ減って、
マジック5になりました。

9/20(金)vs 楽天

メヒアのサヨナラ2ラン!
ソフトバンクは勝ちましたが、
マジックは順調に1つ減って、
マジック4になりました。

9/21(土)vs 楽天

ソフトバンクがデーゲームで敗れて
マジック3で迎えたこの試合。
8回裏に逆転され敗れてしまいました。

9/22(日)vs 楽天

マジック3で迎えたこの試合。
西武が敗れ、ソフトバンクが勝つという
最悪の展開になりました。
ゲーム差は1となり、後ろが迫ってきましたが、
残り3試合頑張ってほしいです。

9/23(月)vs 楽天

勝負所でメヒアのタイムリーがでて、
西武が勝ち、マジック2となりました!

そして、運命の

9/24(火)vs ロッテ

先にソフトバンクが楽天に敗れてM1、
そして、西武がロッテに見事優勝を果たしました。
久しぶりの2連覇です!

今年こそ、CSでも勝って、

日本一を勝ち取ってほしいですね!!

MVPは誰?(2019年パリーグ)

2019年の西武ライオンズは、

エース菊池雄星選手

3番セカンド浅村栄斗選手

投打の主力が抜けました。

個人的には、開幕当初は、

この時期にこの順位に

いられるなんて思いませんでした。

打線もこのように変わっています。

2018年の超攻撃的な山賊打線

打順 守備 選手 打席
1 秋山 翔吾
2 源田 壮亮
3 浅村 栄斗
4 山川 穂高
5 森 友哉
6 外崎 修汰
7 栗山 巧
8 中村 剛也
9 メヒア

2019年の山賊打線

打順 守備 選手 打席
1 秋山 翔吾
2 源田 壮亮
3 森 友哉
4 中村 剛也
5 栗山 巧
6 外崎 修汰
7 山川 穂高
8 木村 文紀
9 金子 侑司

チーム防御率は昨年に引き続き、

リーグ最下位ですので、

やはり、今年も山賊打線

打ち勝ってきたと思ってよいでしょう。

私が思うMVPの筆頭は

3番捕手の森友哉選手です。

捕手というヘビーなポジションながら、

残り試合で、3割20本100打点を超え、

首位打者も獲得しそうな成績を残しています。

最後まで怪我なく頑張ってほしいものです。

他にもMVP候補はたくさんいます。

今年も2連続でホームラン王を

獲得しそうな山川穂高選手。

(昨年の記事です)

攻守の要、西武ライオンズの

切り込み隊長である秋山翔吾選手。

(昨年の記事です)

勝負強さを発揮して、4番に返り咲き、

打点王を獲得しそうな中村剛也選手

ここ一番のピンチを守備で救ってきた

遊撃手の源田壮亮選手

幾度もなくピンチを救い、

70試合以上も登板してきたタフネス

平井 克典選手

今年は、鉄壁の守護神として活躍し、

9/11に通算100セーブをあげた

増田 達至投手など、

もちろん優勝に不可欠な選手ですが、

MVPとしては、森友哉選手

一歩リードしているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

さいごに

今回は、2019年パリーグ

西武ライオンズの最短優勝はいつなのか?

MVPは誰になるか?

を特集しました。

本記事では、優勝が決まる日まで、

毎日更新していきます。

優勝が決まる瞬間が待ち遠しいですね!

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。m(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク