川端友紀(野球)の初ホームラン動画。女子プロ野球ではホームランは出にくい?【ジャンクSPORTS】

スポンサーリンク

女子プロ野球の川端友紀選手が、3月11日放送の【ジャンクSPORTS】に出演されるそうです。

内容はコチラ。

「女子アスリートの忘れられないプレー」というトークテーマでは、野球の川端から女子の野球ではなかなか出ないホームランを打った際のエピソードが語られる。

今回は、川端友紀選手のプロフィールや、女子プロ野球界ではどのくらいホームランが出るのが難しいか、川端友紀選手の初ホームランの動画などを調べてみました。

川端友紀選手のプロフィール

出典元:https://www.saitama-astraia.com/

  • 名前:川端 友紀(かわばた ゆき)
  • 生年月日:1989年5月12日
  • 年齢:28歳(2018/3/7現在)
  • 出身地:大阪府貝塚市
  • 身長:170cm
  • 経歴:和歌山市立和歌山商業高等学校
    塩野義製薬
    京都アスト・ドリームス(2010-2012)
    埼玉アストライア(2013-)
  • 投球打席:右投左打
  • ポジション:内野手
  • 背番号:23

お兄さんは、東京ヤクルトスワローズの川端慎吾選手だそうで、スポーツマンの家庭で育ったのですね。兄弟仲は非常に良いそうで、使っている道具もお揃いだそうです。

スポンサーリンク

女子プロ野球界ではどのくらいホームランが出にくいのか?

日本女子プロ野球機構は2009年に設立されていて、2010年に初年度のリーグがスタートしたそうです。各年度の最多ホームラン数を調べてみると、次のようになっていました。

年度 最多ホームラン数 選手
2010年 0本
2011年 2本 小西 美加
2012年 1本 5名
2013年 0本
2014年 1本 3名
2015年 2本 池山あゆ美
2016年 1本 4名
2017年 5本 岩谷 美里

出典元:https://www.jwbl.jp/

規定打席は、64~108の間で変動しており、年度やチームによって異なるようです。2017年の岩谷選手を除き、最多ホームラン数は1~2本で推移していますので、女子プロ野球界では、いかにホームランが出にくいかがわかるかと思います。

川端友紀選手の初ホームランの動画

川端友紀選手の成績を調べてみたところ、2017年度のシーズンで2本ホームランを打っていました。また、2011年、2013年は4割を超えているので驚きですね!

出典元:wikipedia

初ホームランのときの動画がこちらです。

川端友紀選手(埼玉アストライア)プロ入り初ホームラン

まとめ

今回は、川端友紀選手について、調べてみました。初ホームランは豪快な一発でしたね。初ホームラン達成までのエピソードについては、3月11日放送の【ジャンクSPORTS】で明らかになります。

是非チェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク